ED・勃起不全・勃起障害の検査|安心して診察を受けるために

神経の検査|ED・勃起不全・勃起障害の検査

勃起障害の検査・神経の検査

一般に神経の検査と言うと、膝小僧をたたいたり、足の裏を引っかいたりして反射の出方を見るものや、音叉などを間接に充てて振動覚を測定するものが思い浮かぶと思います。

 

このような方法で評価できる神経は、体性神経といって知覚や運動をつかさどる神経系です。

 

勃起という現象はペニスに伝達された詩的刺激によって神経終末で一酸化窒素が分泌され、これが血管の格調を促し、その結果出現するものです。ここに関与している神経は副交感神経を中心とした自律神経系です。

 

ところがこの自律神経系の機能を正確に評価する検査法というものは、いまだに確立されたものが無いのが現状なのです。

 

勃起に関与する神経系についても、検査のできるほかの神経の機能を評価することで、勃起新ケ尾の除隊を推測するしか方法はないのです。

 

そこで、臨床現場で行われる最も簡単な検査法は、球海綿体筋反射というものです。直腸信徒いいって、肛門から直腸に指を入れて診察する方法があります。

 

泌尿器科では前立腺を触診するために行われる検査方法です。勃起障害を訴えて受診死す患者さんにも、たいていはこの検査が行われます。

 

この時直腸に指を入れておいて、ペニスの亀頭部をぎゅっと握ると、肛門がきゅっと閉まる販社があります。この販社を球海綿体筋反射と言います。

 

繰り返しますが、この販社が直接勃起神経の機能を反映するものではありませんが、肛門の収縮がなくなっていれば、勃起神経をも巻き込んだ末梢神経障害があると推定されます。

 

実際、臨床的にはこれぐらいで充分ではないかと考えられています。

 

もっとも、より精密に測定できるに越したことはなく、ほかにも糖尿病の抹消し系障害の検査に使われる振動覚計を応用した検査や、ペニスの背面を走行している陰茎背面神経を測定するといった方穂がここを見られています。



ホーム RSS購読 サイトマップ