ED・勃起不全・勃起障害の検査|安心して診察を受けるために

バイアグラの死亡に至る副作用|ED・勃起不全・勃起障害の検査

バイアグラの死亡に至る副作用

バイアグラの死亡に至る副作用

バイアグラを服用して130人が死亡しました。1998年3月末には、アメリカでバイアグラが流通しはじめ、それ以降、98年11月中旬までに600万人を超える処方箋(約5000万錠相当)が調達されました。

 

この間、バイアグラが処方された後に死亡したと報告された数は130例に上がっています。
このほかにも食品医薬品局はアメリカ以外でも55例、情報源などが不明確な例が35例、バイアグラの使用が不明確な例が22例報告されています。

 

一方、日本国内では、40例に副作用が、31例に臨床検査値異常が認められました。主の副作用は頭痛20例、ほてり16例、視覚障害3例などでした。

 

アメリカで死亡した130例の死亡原因は、心血管系の障害によるものが77例で最も多く、そのほか、脳卒中が3例となっています。

 

心血管系の障害の内訳は、心筋梗塞またはその疑いが41例、心停止が27例、心疾患の症状が6例などとなっています。
このうち16例がニトログリセリンまたはその他硝酸塩を服用していたと奉公されています。

 

130例のうちの44例が、バイアグラ服用後、4から5時間以内(性交中または性交直後の27例も含む)に粗暴または死に至る症状が表れました。

 

このほか6例が服用当日に、8例が服用翌日に死亡するケースがありました

 

死亡したケースでは、心血管系の病気のリスクを一つ、あるいはそれ以上持っていたそうです。具体的には「高血圧症、高脂血症、喫煙、糖尿病、心疾患」などでした。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ